教育用プログラミング言語!(Scratch)  
スクラッチ
    ドラッグ&ドロップといった簡単な操作だけでプログラミング体験! 
スクラッチ
スクラッチとは?
  スクラッチの公式サイトへ行こう!
ユーザ登録をしよう
スクラッチの画面
 
  スクラッチの画面 
  メニュー
  アイコン
かんたんなプログラムを作ってみよう!
キーで絵を動かす
動きブロック
ステージの座標
見た目ブロック
コスチューム
背景

教育用プログラム言語
教育用プログラム言語とは
どんな教育用プログラミング言語があるの!
プログラミング教育について
 スクラッチ

 プログラミン
スクラッチの画面
 初めてスクラッチ(Scratch)へ進んだとき、何が何だか分からず、迷子になった気分になります。少しスクラッチ(Scracth)の画面に慣れるために、ここでは画面の名前と役割を簡単に紹介します。

 何度かスクラッチ(Scratch)のページをおとずれると自然になれてきますので、暗記する必要はありません。後々画面に関して分からないことが起きた時に、再度このページを見ればいいですので、このページはさっと目を通すだけでいいです。

 また、試しにメニューやアイコンをクリックしてみると、それぞれの役割が分かり、ほんの少しだけ理解が深まります。

スクラッチの画面1



  1. ステージ
    スプライトの動作を確認するエリア。ステージの大きさは480×360ピクセル
  2. スプライト
    ステージに登場するキャラクター
  3. コスチューム
    スプライトの中にある複数のイラストや画像。
  4. ブロック
    スプライトに動きをつけたり、当たり判定の設定、データの受け渡しをするためのプログラムのかたまり。
  5. 分類
    コンピュータに命令するコマンドの分類
  6. コマンドエリア
    コンピュータに命令するコマンドが入れてある所
  7. スクリプトエリア
    ブロックを入れてプログラムを作って行く場所 。スプライトごとにスクリプトエリアがあり、それぞれにプログラミングできます。
 
 
スクラッチのメニュー
 次に、画面右上にあるメニューを調べてみます。


メニュー
  1. のアイコン
    クリックすると、スクラッチ(Scratch)のホームページに進みます
  2. 地球のアイコン
    クリックすると、言語のメニューが表示されます。ここで言語を選択します。
  3. ファイル
    クリックするとファイルに関するメニューが表れます
  4. 編集
    1. 削除の取り消し;削除してしまったものをもどす
    2. 小さいステージ;ステージを小さくします
    3. ターボモード;ターボモードにする
  5. ヒント
    クリックすると、画面の右側にヘルプ画面が表示されます。
     
    ヘルプは、「ステップ・バイ・ステップ」と「使い方」「ブロック」の3つに分かれています。
    1. ステップ・バイ・ステップ
      チュートリアルにしたがって、プロジェクトを作って行くことができます
    2. 使い方
      いろいろなものをプロジェクトに追加する方法を学ぶことができます
    3. ブロック
      各ブロックの詳細を調べるにはここをクリックしてください。
      または、エディタの”?"ボタンをクリックしてから個々のブロックをクリックして、詳細を確認することができます 。
  6. 説明
    Scratch(スクラッチ)について説明しているページに進みます。

スプライトを右クリックしたときのメニュー

info(情報)とは、

 図にあるように、
  1. スプライトの位置情報
  2. スプライトの向き
  3. 回転の方法
  4. プログラム実行中にプレーターがスプライトをドラッグできるか
  5. 表示するかしないか
 の情報を調べたり、変更したりすることができます。
   
アイコン
スプライトのコピー・切り取り・拡大・しゅくしょう
 Scratch(スクラッチ)の画面上部の中央に、5つのアイコンがあります。もっともよく使う操作がクリックするだけでできますのでので、覚えておきましょう。

「新しいスプライト」
画面中央の「新しいスプライト」の横に4つのアイコンがあります。これは、新しくスプライトを追加するときに使うアイコンです。

新しい背景
画面左下の「新しい背景」の横に4つのアイコンがあります。これは、背景を入れたり、新しく背景を追加したりするときに使うアイコンです。

コスチューム
 コスチュームのタブをクリックすると、コスチュームを追加するために必要なアイコンが表示されます。


 音のタブをクリックすると、音を追加するために必要なアイコンが表示されます。

ブロックを大きく表示
 ブロックが長くなると、ブロックを小さく表示したり、元に戻したりする必要が起きます。そんな時に便利なアイコンが画面に右下にある虫メガネのアイコンです。
こどもが楽しむ「プログラミン」入門 つくってあそべるプログラム [ 岡嶋裕史 ]

 
 Scratchでつくる!たのしむ!プログラミング道場 CoderDojo Japan公式ブック [ 角田一平 ]
 
 
 スクラッチ2.0アイデアブック ゼロから学ぶスクラッチプログラミング [ 石原正雄 ]
 
 スカイプで子供向け英会話/無料体験実施中