BOUSAI SHOP  
防災グッズ 
   イザ!というときの備えを忘れない! 
ホーム
防災の知識
災害を知ろう!
・地震
津波
火山の噴火
台風
竜巻
新常識
非常識
震度とは?
マグニチュード
準備
家具の置き方
飲料・食料
防災セット 
安否確認 
避難場所
リンク集
家具転倒対策
 
防災グッツ
緊急避難
緊急避難セット
光充電器
ラップ
ヘッドライト等
避難生活
発電機
簡易トイレ 
保険 
 
 

避難場所・経路を確認
 家族全員が家にいる間に災害が発生するとは限りません、家族の職場、学校付近の避難場所も確認し家族が災害時にどこにいるのか把握しておきましょう。

 避難所や広域避難場所への経路を、休日などを利用し、昼間と夜間、それぞれ実際に歩いてみて確認しておきましょう。
 

 また、ハザードマップや被害想定によって自分たちの住む地域のリスクも確認しておきましょう。

避難場所
  • 避難場所と避難所の違い
    )「避難場所」と「避難所」は役割が異なります。命を守るために逃げ込むのが「避難場所」で、生活をするための場所が「避難所」です。
    • 避難場所
      地震などが原因の火災が拡大して、地域全体が危険になったときに避難する場所です。大規模公園や団地・大学などが指定されています。
    • 避難所
      災害によって、短期間の避難生活が必要となったときに、一定期間の避難生活を送ることができる場所です。宿泊や給食など、生活機能が提供できる学校の体育館が指定されることが多いようです。
 災害が発生した場合、多くの人が避難場所に集まります。家族で、避難場所を決めておいて行ってみたが、人が多くて家族を見つけることができないことも起きます。避難場所のどこに集まるかも具体的に話し合っておきましょう。


ハザードマップ
 自然災害による被害想定区域や避難場所・経路などの情報を表示した地図のことです。地震ハザードマップでは、地震の揺れによって引き起こされる建物倒壊や液状化の危険度が地域ごとに表されています。
   

 ➡➡➡国土交通省の「ハザードマップポータルサイト
 ここから、 各市町村が作成したハザードマップにアクセスできます。サイトを見慣れていないといざという時に戸惑うことが起きます。事前にサイトをチェックしておくようにしてください。


重要書類の確認
 災害時には家族や住居に思わぬ被害が出ることがあります。

 もしもの時に保険や補償をスムーズに受け取るためにも日頃から住居契約書などの重要書類はまとめて保管しておきましょう。

 保管しとくべき重要書類(健康保険、貯金通帳、年金手帳、株券など)

家族を震災から守る防災グッズ!【スイッチ断ボール】