BOUSAI SHOP  
防災グッズ 
   イザ!というときの備えを忘れない! 
ホーム
防災の知識
災害を知ろう!
・地震
津波
火山の噴火
台風
竜巻
新常識
非常識
震度とは?
マグニチュード
準備
家具の置き方
飲料・食料
防災セット 
安否確認 
避難場所
リンク集
家具転倒対策
 
防災グッツ
緊急避難
緊急避難セット
光充電器
ラップ
ヘッドライト等
避難生活
発電機
簡易トイレ 
保険 
 
 

津波による災害

 津波に街全体が津波にのみこまれ水の下に沈んでしまった市もありました。もちろん、家は流され、バスや電車、大型船が海側から打ち上げられ、すべてがなくなるという恐ろしいものです。

 津波の被害には、地形も大きく影響します。内陸になっているところでは、波が集合し津波がより高くなり被害が拡大します。



 また、津波は一度だけでなく複数回にわたり襲来し、第一波より第二波や第三波など後から来襲する波の方が高いケースもあります。第一波が過ぎ去って、家に戻り亡くなった方もいます。津波警報が解除されるまでは避難を継続していてください。

津波警報・注意報

 気象庁は、地震が発生してから約3分(一部の地震については約2分)を目標に、大津波警報、津波警報または津波注意報を、 地区単位で発表します。 全ての地震で津波が発生するわけではありませんので、また、気象庁の情報が津波について知る唯一の情報ですので、地震が発生したら気象庁の情報に注意を払ってください。

種類 基準 発表される津波の高さ 避難する人
津波の高さ 発表
大津波警報 3mを超える場合。 10m超
(10m<予想高さ)
巨大
沿岸部や川沿いにいる人

安全な場所へ直ちに避難してください。
10m
(5m<予想高さ≦10m)
5m
(3m<予想高さ≦5m)
津波警報 1mを超え、3m以下の場合。 3m
(1m<予想高さ≦3m)
高い 標高の低いところの沿岸部や川沿いにいる人

安全な場所へ避難してください。
津波注意報 0.2m以上、1m以下の場合。 1m
(0.2m≦予想高さ≦1m)
(表記しない) 釣り人、遊泳者、潮干狩り、その他海の中にいる人
海岸から離れてください。
流れに巻き込まれます。(0.5mの津波でも、流れのはやい川の中にいることと同じです)
養殖いかだや小型船舶が転覆します。
流出物で怪我をします。

津波警報・注意報と避難のポイント

  • 震源が近いと津波警報・注意報が津波の襲来に間に合わないことがあります。強い揺れや弱くても長い揺れを感じたときは、すぐに避難を開始しましょう。
  • 津波の高さを「巨大」と予想する大津波警報が発表された場合は、直ちに避難をしましょう。
  • 津波は沿岸の地形等の影響により、局所的に予想より高くなる場合があります。ここなら安心と思わず、より高い場所を目指して避難しましょう。
  • 津波は長い時間くり返し襲ってきます。津波警報・注意報が解除されるまでは、避難を続けましょう。


津波警報・注意報、津波情報、津波予報についてより

 避難

 人はなぜすぐに避難しないのか
 あなたは、避難勧告が出たらすぐに避難しますか?

 日本は防災対策が進んだ国です。また、災害も多い国です。だから、災害の恐れがある時には、いつも避難勧告が出ます。幸いなことに避難勧告が出たとしても、大事に至らなかったことが多いので、災害慣れ、避難勧告慣れをしてしまっています。

 避難のために荷物を準備したり、自宅を離れ避難所へ行った入りすることは大変な労力です。避難先で過ごすことも自宅とは違って我慢することばかりと簡単に想像できます。

 だから、避難勧告が出ても「ここなら大丈夫じゃない」と考えがちです。

 でも、近所で非難し始める人が目立ってきたり、消防や市の宣伝カーの呼びかけを聞いたりすれば、気持ちは変わります。

 さらに、「東日本大震災のような巨大地震であれば迷わず避難する」と考えている方も多いと思います。

 しかし、東日本大震災では多くの犠牲者がでました。危機迫っていても、避難するつもりであっても、避難しない、避難できないケースもあるのです。

東日本大震災の時、なぜ逃げなかったのか、逃げることができなかったのか?
  1. 油断していた。過去の体験から大きな津波は来ないと判断した住民もいた。
  2. 津波警報の誤報!!!
    3月11日( 2011年 )の大地震で象庁が最初に出した警報の津波の高さは、宮城県では6メートル、岩手と福島両県では3メートルだった。 その後、気象庁は誤報の修正を行い津波の高さを2倍、4倍と引き上げて伝えた。
  3. 警報システムが機能しなかった。最新の防災無線システムは、地震で破壊されてしまった。街は静まり返り、防災警報が鳴らなかったことで逆に安心してしまった。
  4. 車を運転していた人は津波が近づいていることに全く気がついていなかった。
  5. 本当に津波が自分のところに来るまでは、どの方向からどのくらいの速度でやってくるか分からかった。
  6. 海から離れた高い所なので、津波が到達しない区域と指定されていたので安全だと思っていたが、災害の規模が想定外に大きかった。
  7. 津波から避難するために車を使ったため、渋滞に巻きこまれた。
  8. 自分が逃げることよりも家族や隣人を助けることを選んだ。

 「巨大な津波」または「高い津波の場合は、東日本大震災のような巨大津波が襲って来る可能性がある非常事態です。とにかく直ちに避難しましょう。


強い揺れや弱くても長い揺れを感じたら、すぐに高台に避難
 大津波警報・津波警報を見聞きした場合には、直ちにより高い安全な場所を目指して避難してください。津波注意報を見聞きした場合には、直ちに海から上がって海岸から離れてください。

 
 非常備蓄品や持ち出し品などいりません。津波が伝わるスピードは、水深が5000mの沖合では時速800キロメートルとジェット機並みの速さになります。陸地に近づき水深が浅くなるにつれてスピードが遅くなりますが、それでも時速36キロメートルとオリンピックの短距離選手並みの速さです。

 高いところを目指して逃げることが大切です。

 津波は繰り返し何度も襲って来ることがあります。津波警報・注意報が解除されるまで、決して油断せず、安全な場所に避難して、海には近づかないでください。

  

 津波避難ビル:海辺など津波の危険がある地域での津波が発生したときの一時避難場所として指定している堅牢で高い建物

津波から身を守るための行動は?より抜粋

 詳しくは、津波から身を守るための行動は? をご覧ください。
家族を震災から守る防災グッズ!【スイッチ断ボール】