BOUSAI SHOP  
防災グッズ 
   イザ!というときの備えを忘れない! 
ホーム
防災の知識
災害を知ろう!
・地震
津波
火山の噴火
台風
竜巻
新常識
非常識
震度とは?
マグニチュード
準備
家具の置き方
飲料・食料
防災セット 
安否確認 
避難場所
リンク集
家具転倒対策
 
防災グッツ
緊急避難
緊急避難セット
光充電器
ラップ
ヘッドライト等
避難生活
発電機
簡易トイレ 
保険 
 
 

マグニチュードと震度

 「マグニチュード」は、地震そのものの大きさ(規模)を表すものさしです。

 一方「震度」は、ある大きさの地震が起きた時のわたしたちが生活している場所での揺れの強さのことを表します。

「マグニチュードと震度の違い」
  • マグニチュード=地震そのもののエネルギーの大きさ
  • 震度=震源からそれぞれの場所での揺れのはげしさ
   マグニチュードと震度の関係は、例えば、マグニチュードの小さい地震でも震源からの距離が近いと地面は大きく揺れ、「震度」は大きくなります。また、マグニチュードの大きい地震でも震源からの距離が遠いと地面はあまり揺れなく、「震度」は小さくなります。

電球自体の明るさをが「マグニチュード」

「A震度」震源に近いので明るい=震度が大きい

「B震度」震源に遠いので暗い=震度が小さい

        自主的防災活動「震災災害の備えを」震度別のゆれと被害 より

 マグニチュードは1増えると地震のエネルギーが32倍になります。2大きくなると、約1000倍になります。マグニチュード8の地震は、マグニチュード7の地震の32個分のエネルギーを持っていることになります。
マグニチュードと一般的に呼ばれる地震の規模とは、次のような関係になっています。
マグニチュード 呼び名
(8~) (巨大地震)
7~ 大地震
5~7 中地震
3~5 小地震
1~3 微小地震
~1 極微小地震
 Facebookアプリを起動したらみんなにつながる